開脚の邪魔をする1本の筋肉と3つの対策

開脚に憧れる人は多いです

どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」が出版されたときはお客さんからも開脚の質問をたくさん受けました。

開脚に挑戦してる方の話を聞いてみると、ひたすら開脚ばかりしてなかなか柔らかくならずに悩んでる方も多かったです。

今回は開脚ってそもそもどこの筋肉伸ばしてるのかに焦点を当てて柔らかくするための方法を紹介していきます。

開脚で一番邪魔する筋肉を知る

開脚のときに張る感じがするのは薄筋という恥骨から膝の内側についてる筋肉です。
細ながーい筋肉です、開脚をするとこの細長い筋肉がピンと張るのを触って確認できます。
薄筋の働きは股関節の内転、内旋と膝関節の屈曲です。
この筋肉をストレッチするには逆の動きをすればいいので、脚を外に開いて、つま先を外に向けて、膝を伸ばす。これでストレッチされます。この動きを両足でやるとまさに開脚になるわけです。
開脚は薄筋のストレッチなんです。

何をすればいいのか

もちろん開脚にいきなり取り組んでもらってもいいですが、なかなか柔らかくならないなら以下のエクササイズを試してみてください。

伸脚

伸脚の準備運動は薄筋を伸ばすときにとっっても効果的です。個人的には開脚やるよりも伸脚やってる方が恩恵が多いように思います。鼠径部の引っかかる感じもコレだけで取れることがあります。

片足での開脚

両足での開脚は反発が強く、体がそもそも前に倒せないという方も多いです。まずは片足ずつストレッチして慣らしていくのがいいです。

筋膜リリース

ストレッチしてるときに膝の内側に引っかかる感じがあったら◯で囲った位置(薄筋停止部)をゆっくりと押していきます。

しばらく押したらもう一度開脚をしてみて引っかかる感じに変化があるかチェックします。

人によっては激痛の場合があるので加減しながら行ってください、ちなみに痛みが強く出る人ほど効果が出やすいです。

でも無理は禁物です。

ストレッチポールやグリッドローラーを持っているならそちらを利用するのがオススメです。

開脚は細長い1本の筋肉次第

開脚は薄筋を伸ばすストレッチです、この筋肉さえ柔らかくなれば基本的に開脚はどんどんできるようになってきます。
ただ僕は開脚でベターとつくのは体にとってはあまり良くないと考えています。
もし、あまりに股関節が硬くて不便を感じるのであれば薄筋を念頭に今回お伝えした方法を試してみてください。
それでも柔らかくならなければ、薄筋ではなく違うところにあります(股間節内外旋の筋肉とか)
Let’s ストレッチ!

お近くの24時間ジム出張します!

神奈川・東京にあるFAST GYMなら出張いたします!
パーソナルトレーニング受けてみようかしらと思ったらこちら↓