部分痩せは脂肪を筋肉に変えないとムリ

  • 腕についた余計なものを落としたい
  • お腹を絞りたい
  • 足首をキュッと細くしたい

部分痩せができたらホントに嬉しいですよね、僕はお腹の部分痩せをしたいです。

部分痩せについて色々なことが言われていますが、色々なことが言われすぎてよくわからなくなってる方も多いみたいなので、結局部分痩せってできるのか、じゃあどうすればいいのかについてシェアしていきたいと思います。

部分痩せってできるの?できないの?

部分が痩せできるっていうのは半分正解で半分間違いです。なんとも曖昧な答えかたですが、できる場合とできない場合があるんです。

脂肪を部分的に落とすのはムリ

部分痩せができないという人はこのことをいっています。脂肪は部分的に落とすことができません。脂肪が消費されるときは体全体にある脂肪からエネルギーを供給するので「あ、じゃあお腹の脂肪だけ使っちゃおう♪」なんてことはできないんです。腹筋をたくさんやったらお腹の脂肪が燃えるなんてことはないです。腹筋をやったらその消費カロリーに応じて全身の脂肪が少しずつ減っていきます。

人によって脂肪が消費されやすい部位とそうでない部位の差はあるのでこれが脂肪の部分痩せの考えの原点になっていると思います。脂肪が落ちやすい部位、落ちにくい部位には個人差がありますが基本的に部分的に脂肪が落ちることはありません。全身から少しずつです。

筋肉なら大きさをコントロールできる

では部分痩せができないかといえばそうではありません。部分痩せは可能です。

筋肉ならばある程度可能です。

筋肉はすごいです、人々のあらゆる望みを叶えてくれます、一種の神ですね。

筋肉の場合は部分痩せは可能です、というより大きさのコントロールが可能です。筋肉ならばトレーニング次第で大きくすることもできるし細くすることもできるので自分が望んだ大きさにできます。

しかし、そううまくはいかないのがトレーニングの難しいところでもあり、面白さでもあります。

全面性の法則が邪魔をする

体の大きさを自由にコントロールできるなら「全身細くしてー」「でも胸だけは大きくしてー」なんてこともできるはずです。

これも可能です。筋肉はすごいですね。最高ですね。

ただし、ある程度体を作っていくと全面性の法則というのが邪魔をしてきます。トレーニングするほどその内容に応じて大きくなったり細くなったりしていきます。これがしばらく続くと体の筋力の差が生まれてきます。胸はすごい筋力あるのに脚は全然ないとか。押すのはやたら強いのに引っ張るのはすごく弱いとか。

この筋力のアンバランス差は姿勢を悪くさせたり、ケガや痛みの元になる可能性があるので、どうしても全体的にバランスのとれた筋肉のつけかたになってきます。

そのため、ある程度なら筋肉で部分痩せは可能なんです。

具体的にどうすればいいのよ

  1. まず脂肪を落とす
  2. 必要な筋肉をつける
  3. ひたすらトレーニング、トレーニング、トレーニング、、、、

1.部分痩せをしようと思ったらまずは脂肪を落とすことです。脂肪のせいで太いのが気になるならまずは脂肪を落とします。脂肪がついてるうちは筋肉をつけようとしても思ったような大きさにすることができません。

摂取カロリーを減らして、消費カロリーが大きくなるようにします。口で言うのは簡単ですが実際にやるのは大変ですよね。

2.脂肪を落とすのと同時に筋肉をつけます、筋肉をつけることができれば基礎代謝を上げることができるので脂肪を落とす速度を上がります。

あとは脂肪を落としながら自分が特に大きくしたい部位と細くしたい部位でトレーニングの内容を変えていきます。鍛える部位が偏りすぎないようにある程度満遍なく全身を鍛えます。

3.ひたすらトレーニングです、色々試しながらトレーニングを続けます。筋肉はトレーニングしていれば成長しますが、何もしなくなれば退化していきます。部分痩せをする一番の秘訣はトレーニングすることが好きになれるかどうかかもしれません。

部分痩せは筋肉にできるかどうかが勝負

部分痩せは脂肪を落とすだけではできません。脂肪を落として筋肉がついてから可能になります。筋肉は本当に万能です。

もしこれから部分痩せに取り組もうと考えているなら参考に参考にしてみてください。

Let’s 筋肉!

参考書籍


ストレングストレーニング&コンディショニング ― NSCA決定版 (第3版)

【やらないと損!】今、噂の最新AIフィットネス

業界騒然のコスパ最高のAIフィットネスがついに日本上陸!
パーソナルトレーニングは高いし、でも一人でやるのも不安、、だったらAIフィットネスやってみましょ、 僕が実際に体験してみてあまりの優秀さに衝撃を受けたのはコレ!↓