資格が目標まで遠回りさせることがよくある

説得力のある資格って羨ましいです。
自分の持ってない難しい資格が欲しいって思うことないないですか?
僕は「あの資格さえもっていればきっとあんな仕事ができたり、こんなことができるようになるのになぁ」と勉強もしていないのに妄想してワクワクしてます。
今はいくつか資格を持っていますが、持っていなかったときは「取れたらこんなことできるなぁ」とか色々考えてワクワクしてました。

でもいざ欲しかった資格をとってしまうと「あれ?こんなもんなの?」と期待してたことと違う現状にギャップを感じるわけです。

理学療法士さんいいなぁとか、NATAもってるのいいなぁとかよく思いますがこれもきっと同じようなものなんだと思います。もちろん持っていたらそれはきっとプラスになると思うんですが、それだけじゃダメなんじゃないかと最近実感するんです。
もし仮に実際とってみるともっと欲しくなるんじゃないですかね、人間て欲深いです、向上心といっていいのかわかりませんが、たぶんこれはどこまでいっても尽きることがない欲求なんだと思います。

資格はどこまでも欲しくなる

トレーナーの方なら一回は考えたことがあるのではないかと思うのですが、国家資格って羨ましいです。なんてったって国が認めた資格ですし、一般の人たちからの認知度も高いです。トレーニングの指導をするときもケガや疾患の知識をもってるトレーナーの方が安心です。体についても詳しそうですし、そういうトレーナーさんはお客さんから信頼してもらいやすいと思います。

トレーナー資格だとNATAも羨ましいです、個人的にはこの資格がトレーナー資格の中で最強じゃないかと思います。セミナーなんかでも「僕NATAです」って紹介されたときの水戸黄門の印籠感が半端じゃないです。今のところ日本では取得できないのでよほど本気で体の勉強した人じゃなければ持てないようなレアな資格というのがなおさら取りたい欲を刺激します。

あとはMS(修士号)なんかもそうです、体についての修士の学位をもってる人も凄いです、これも肩書きに書いてあると無条件でこの人すげーってなります。

資格はそんなに重要?

強力な資格をもっていれば仕事がしやすいのは間違いないし、自分の自信にもなると思います。
でもそれは強力な資格を持つ理由にはならないと僕は思うんです。

資格の勉強をするのも悪いことじゃないです。実際「今資格の勉強してるんですー」と言えばだいたい「すごいねー」と言われますし。努力してることを認められてる感じがするんですよね。でもそれが目的になっているならもう一度その資格は自分の時間を削ってまで手に入れたいモノなのか自問する必要があります。

資格 vs 実績

トレーナーを相手にして仕事をするなら資格は特に有利に働いてくれると思います、でもお客さんを相手にしたときは資格はそれほど重要ではないです。

どんなに凄い資格でもお客さんの感覚では「なんかよくわかんないけどアルファベットが並んでいて凄そうだな」くらいなもんです。

それよりもどんな実績があるかの方がずっと伝わりやすいです

指導した人の9割が10キロ以上体重落としてます
指導したクライアントさんがフィジークで優勝しました
月に平均120セッションこなしてます
EXILのトレーナーしてました
アメリカで活動してました
セミナー毎月開いて教えてます

お客さんからすればその人がどんな結果を残したのかの方がずっと大事です。
資格はあくまで一生懸命勉強してきた保証です、でも結果はどんな仕事をしてきたかの証明です、もちろん資格はないよりあったほうがいいですが、それよりもどんな実績があるのかのほうがずっと大事です。特にお客さんを相手にするときは特にそうです。

もしこれから資格をなにか取ろうとしてるなら、目的を明確にしましょう。
「なんとなくあったらいいなぁ」程度ならその資格は取らなくてもいいのではないでしょうか?

トレーナーに関係する資格がなにもないなら1つか2つくらいとってもいいかもしれませんが似たような資格を、しかも簡単に取れるような資格をいくつももっていても意味はないです。
この業界の資格はやたらお金がかかるのが多いのでなおさら注意が必要です

情報発信は誰でもすぐにできる営業活動

資格をとるくらいなら自分の情報を発信した方が効果的だと思います。
僕らトレーナーは雇われていようがなかろうがお客さんに直接自分のもってるもの(知識、技術)を提供するのでいかに自分で自分を売り込むかが大事なわけです。

そのときに自分のメディアをもっていれば自分のことを知ってもらいやすいですし、そこからお客さんが増えることだってよくあるんです。

資格にどれほどの時間とお金をかけてもそれが直接お客さんを呼んできてくれるわけではありません、あくまで自分を証明するためのツールの一つです。
ツールなので良いモノをもっていた方がもちろんいいですが、それは活かせればの話です。
活かすためには自分を知ってもらわなければなりません、そのためにはなにかしらの方法で自分の情報を発信していく必要があるわけです。

トレーナーとしてもっと売れるためには実績を作るために動くべき

話を戻しましょう。
お客さんに知ってもらうのは大事です、そりゃもうめちゃめちゃ大事です。知ってもらわなければなにも始まりませんからね。

自分を知ってもらったどうするか?
信用してもらう必要があります。自分を信用してもらわないとどんなに素晴らしいもを提供していても利用してもらえないです。

じゃあどうするのか
資格で信用してもらうのも一つの方法です、でももっと効果があるのは
実績を積むことです

どれほどの資格をもっていてもなんの実績も残していないならばそれは宝の持ち腐れです。実績はなんとなく活動していればついてくるのかというとまったくそんなことはありません。
自分で意図して作っていかなければいつまでたっても説得力のある実績が積みあげられません。

そうはいってもいきなり評価される実績をつくるのは難しいです。
まずは普段の仕事の中で達成できそうな目標を立ててそれにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

例えば今は月間平均80セッションくらいこないしてる→今月は頑張って90セッションまでこなせるようにしてみよう。

もしこの目標が達成できたらさらに100セッションを目指せばいいんです。その目標が達成できたら120セッションを目標にしてもいいし、連続で100セッションをこなせるようになるかチャレンジしてみてもいいかもしれません。

日々の仕事での目標を自分のために作る

ここでだいじなのはただなんとなく今の仕事のなかでできることをするのではなくて、実績を残せるように目標を設定して少しずつ実績を成長させていくことです。
新しいことに挑戦してみもいいかもしれません、例えば「今までやったことがなかったけどセミナー開いてみよう」とか

なんにせよ常に目標を立てて、チャレンジし続けていけばあなただけの実績が積上ってるはずです!

これは資格を取るよりずっと自分を成長させてくれるし、仕事の幅も広がっていきます。
僕は資格とりてーと欲求がでてきたら「それより先にできることがあるんじゃないのか?」と自問するようにしてます。

 

それでもやっぱり資格はあったほうがいいです、はい(´∀`)

 

お近くの24時間ジム出張します!

神奈川・東京にあるFAST GYMなら出張いたします!
パーソナルトレーニング受けてみようかしらと思ったらこちら↓