歩いてるときお尻使えてる?歩きながら簡単お尻エクササイズ

 

歩くときにお尻を使うためには正しく歩いているかどうかが鍵です。

もしあなたが正しく歩けているのならこの記事は読んでも役に立たないと思います。

でも、もし歩きかたに自信がなくて、お尻も使っている感覚がないのならこの記事を読み終わる頃には歩きながらお尻を使う方法を身につけることができます。

自分の歩き方って見たことありますか?

 

普段なかなか意識することはないのですが、自分では姿勢良く颯爽とあるいてるつもりでもあらためて動画を撮って確認すると腰が反りすぎていたり、歩幅がせまかったり、猫背だったり、腕をほとんど振っていなかったり自分が頭で想像する動きと全然違った歩きかたをしています。

もし動画を撮って見たときに思った通りの歩き方ができていたなら普段から自分の動きを確認する機会に恵まれている人だと思います。ほとんどの人は自分の歩き方を見ることはほとんどないので違った歩き方をしていても気づきません。

お尻が使えないこんな歩き方

  • ヒザが伸びない
  • 腰が反ってる
  • 地面を蹴る感覚がない
  • 階段でモモの前ばかり疲れる

いずれもお尻を使えなくさせてしまう特徴的な歩き方です。これらのどれかしらに当てはまっていたらお尻が仕事してない可能性大です!

お尻を使えないデメリットは計り知れない

歩いてるときにお尻が使えないと、お尻の筋肉は落ちるし、基礎代謝も下がるし、それにともなってお尻の位置も下がるし、歩くスピードは落ちるし、歩いててくねくねするし、歩き方も汚くなるし、腰痛、股関節痛は出やすくなるし、、、歩いてるときにお尻が使えないことのデメリットは上げたらキリがありません。

お尻が使えれば

お尻が使えれば、お尻の筋肉がついて、基礎代謝も上がるし、それにともなってお尻の位置も上がる、歩くスピードは上がるし、堂々と歩けるようになるし、歩き方も颯爽と綺麗になるし、腰痛、股関節痛は出なくなるし、、、素晴らしいですね

この間ヒザが痛いというお客さんを担当したのですが、下半身の動きを見るとかなりの確立でしゃがむときにヒザが内側に入ってたり、ヒザも前に出すぎてたり、股関節が動いてなかったんです、こんなことはよくあります。この方の場合もお尻が使えるようになれば解決できます。

お尻の筋肉は意外と鍛えにくい

意識がしにくい部位なので普段お尻の筋肉を使ってない人は改めて鍛えようとしてもモモに力が入ってしまうことがほとんどです。お尻が使えるようになればモモばかりが太くなることはないですし、お尻の位置は上がります。

ジムでもお尻を鍛える種目はあるのですが、上手くできずに腰を痛めたり、モモの裏ばかりに効いてしまうというようなことはよくあります。それくらい鍛えにくいです。

 

お尻を鍛える時は少し工夫が必要なんです、これからそのちょっとした工夫をお伝えしていきたいと思います。

注意

トレーニングやエクササイズは何でもそうですが、やり過ぎると痛めることがあります。今回お伝えしたエクササイズは連続でやる場合は5分以内、毎日ではなく多くて2日に1回を目安に一気にやりすぎないようにしてください。

効果がある分、副作用もあるので少しでも違和感がある時は中断してください。

具体的にどうすればいいの?

ステップ①

まずすこーしだけ腰を丸めます

そのままの状態をキープしてヒザを伸ばし切ります

ここまでやってお尻に力が入れば1ステップはクリアです

ステップ②

次は片足で立ってさっきと同じことをします。

片足で行うのでバランスが取りにくくなります。壁に手をついて行ってください。

もし、壁に手をつかなくてもバランスが取りんながらお尻に力がはいるのであれば壁に手をつかないでやってみてください。

 

ステップ③

最後は交互に一歩出るごとに片足立ちをしてその都度お尻に力を入れます

ステップ③までできれば普段歩いてるときもお尻を使うことができるようになっているはずです!

是非今度歩くときにお尻が使えているのか気にしながら歩いてみてください。

お尻に力が入るのを感じるLIFEが待っています!

 

少しの意識で全てが変わる

お尻は全身の中でもかなり重要な部位です、お尻が使えれば歩き方が変わりますし、歩き方が変われば姿勢も変わるし使う筋肉も変わります。そしたら代謝も変わるし、体型も変わるんです。ちょっとしたことで体全身に影響を与えるんです。

お尻を鍛えると体に変化が起きやすいので、鍛えてて面白い筋肉です。もしお尻を鍛えるのにハマったらガンガン鍛えてみてください、どんどん体が変わっていきます。

 

【やらないと損!】今、噂の最新AIフィットネス

業界騒然のコスパ最高のAIフィットネスがついに日本上陸!
パーソナルトレーニングは高いし、でも一人でやるのも不安、、だったらAIフィットネスやってみましょ、 僕が実際に体験してみてあまりの優秀さに衝撃を受けたのはコレ!↓