大胸筋で破壊的なパンチを打つ方法

練習をしてもしてもパンチの威力が上がらず、ひたすら腕が疲れるなら大胸筋が使えてないのが原因かもしれません

もし普段の練習で大胸筋を使ってパンチを打つ感覚が無ければ、使えるようになった途端に劇的にパワーアップすると思います

急にパンチ力が上がるので面白いです

関連:腹筋を使ったストレートは貫通する

パンチが上手い人は押すのが上手い

パンチのときの腕の動きはモノを押す動きに近いです

トレーニング種目だと

ベンチプレスのような動きです↓

赤マーカーで囲っているのは肩です

%e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%80%80%e9%96%8b%e5%a7%8b%e3%80%80%e7%b7%a8%e9%9b%86%e5%be%8c %e3%83%98%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%80%80%e6%8c%99%e4%b8%8a%e5%be%8c%e3%80%80%e7%b7%a8%e9%9b%86%e5%be%8c

引用:写真でわかるファンクショナルトレーニング

 

バーベルを上げるときには肩を前に出します

この肩を前にだす動きを肩甲骨の外転といいます

ちなみにプッシュアップ(腕立て伏せ)↓でも同じような効果があります

%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%8a%e3%83%ab

引用:写真でわかるファンクショナルトレーニング

この種目のメインの筋肉は大胸筋です

 

プッシュアップは仰け反っちゃダメ

なのでパンチの動きに近いこの種目で腕(上腕三頭筋)が先に疲れてしまったら大胸筋が使えていない証拠です

大胸筋は肩甲骨の外転(肩を前に出す動き)の時に働きます

そのため押すときに肩が後ろに下がって肩甲骨が内転(肩を後ろに引く動き)のはよくないです

肩甲骨が内転すると体が仰け反ります

%e5%8f%8d%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%86%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a

上図のようにプッシュアップのときに肩が後ろに下がって腰が反ってしまう場合、大胸筋はほとんど力が入りません

大胸筋を使うコツ

お腹が下に落ちないように、肩が後ろに下がらないように

背中を真っ直ぐにしたまま肩を前に出すことを意識してプッシュアップをおこないます

まとめ

もしパンチに体重が乗らなくて悩んでいるならプッシュアップやベンチプレスでで大胸筋に力が入れられるように練習するのがおすすめです

ぼくのクライアントさんでキックをやってる方がいるのですが大胸筋が使えるようになった途端にパンチに体重がのるようになりました。

今回大胸筋大胸筋いいまくっていましたが打撃にはそれくらい大事な筋肉です

パンチの威力上げたいならお試しあれ♪

 

さらにパンチ力をあげたいなら

関連:腹筋を使ったストレートは貫通する

参考書籍


写真でわかるファンクショナルトレーニング

お近くの24時間ジム出張します!

神奈川・東京にあるFAST GYMなら出張いたします!
パーソナルトレーニング受けてみようかしらと思ったらこちら↓

1 個のコメント